ボニックがくれた「まさかのストーリー」*体験レビュー公開

脚が太いのが悩みで、どうにかして細くなりたいなと思っていました。

そこまで体全体が太いというわけではなかったので、余計に脚だけが目立つ感じだったためとても気になっていたのですが、なかなか脚だけを細くするということは難しく何をしても上手く行かなかったので悩んでいました。

そのような時にボニックの評判を聞いたので、値段もそこそこだったので物は試しにと始めてみることにしたのです。

レビュー記事一覧

本気で激やせすると思っていたわけでもなかったのですが、割と効果があったという人も多く販売している会社も名前を聞いたことがある有名なところでしたから、それだけで効果がありそうだと思いました。

実際に使ってみた感想としては、プルプルと筋肉に刺激が与えられているという感じでとても不思議な感触でした。痛みはなくこれによって、脂肪がなくなるのであれば嬉しいなと思い手間もかからないので毎日続けてみることにしたのです。

特別体を動かす必要もなく、ただボニックを脚に当てて動かすだけですからとても楽でした。

それだけに、本当に効果があるのかなと思っていたのですが、一ヶ月毎日使ってみたところ何となく脚が引き締まってきたような気がしたのです。

さすがに効果が現れるのは早過ぎるかなと思ったのですが、効果があるような気がしただけでもモチベーションが上がるものでそこから更に続けてみることにしました。

すると三ヶ月目ぐらいにははっきりと分かるほどに、脚がすらっとしてあれほど太かった脚が激やせすることになり大満足の結果となったのです。

▲このページのトップへ

ボニックの使用感はこんな感じ

書いたように、ボニックには今のところ不満ゼロなわけですが、その他感じたことをレビューしてみます。

  1. 使った後はそのまますぐに丸洗いできる
    お風呂で使える=ウオータープルーフ仕様なのでいつも清潔です(^^)
     

  2. 充電式なのでコードが不要
    これは意外なポイントですけど、超便利です。脚だけでなく全身どこにでも使いやすいのです。お腹や二の腕などにもスッと移動することができるのは楽チンです!
     

  3. 電池が切れてしまうと使えない
    充電式なので当たり前ですが、これは良し悪しといったところではないでしょうか。

 

毎日五分程度やるだけで良いので、テレビなどを見ながら使っていたのですが、しばらく使い始めて気が付くと何となく体が引き締まってきたかなという感じがありました。

そこまですぐに効果は出ないだろうと思って気のせいかと思っていたのですが、それから少し経つと今度ははっきりと絞れてきているというのが分かる状態になっていたのです。

効果があるのかと驚いて、その後も使い続けた結果今まで何をしても引き締まらなかったからだが、健康的にスリムになったのでとても満足しています。

>>> ボニックについて詳しく

▲このページのトップへ

そもそもボニックって?

ボニックとは、EMSと超音波の2つの力を利用してダイエットさせることができるボディケアマシーンです。

私もそうでしたが、夜中の多くの人たちは日々の仕事に追われスポーツなどでダイエットをする時間を十分にとることができにくいため、なかなかダイエットを成功に導けることができないのではないでしょうか。

しかしこのボディケアマシーンは1日5分間利用するだけで効果を感じることができます。

私は、以前から気になっていた足に重点を置いて使用しました。足やせはなかなか運動することのない私にとって太りはしても痩せることはありませんでした。

ボニックはEMS(電気的筋肉刺激)が1分間に1,800回、超音波振動を1秒間に100万回という2つの力をあわせて気になる部分に当てるだけです。その効果は感じるのにそんなに時間はかかりませんでした。

他のダイエットのように時間を取られたり、食事制限などの無理をすることなく、何かをしながらでも行える気軽にできるエクササイズといえます。モードの選択やパワーの選択など人それぞれ部分ごとに変えることができます。

このボニックは完全防水ですから、お風呂の中でも使うことができます。専用ジェルがありますので、自分の気になっている部分にジェルを塗って使用します。その専用ジェルにもこだわっています。ですから、時間のない場合はジェルを塗ってマッサージだけを行うということもできます。毎日5分間だけ自分の気になる部分に当てるだけ、、、ウソみたいですがホントです。

>>> ボニックを使用してみる

▲このページのトップへ

当サイトに掲載の商品はアフィリエイトプログラムを導入して掲載商品の紹介に務めております。掲載商品の詳細情報は公式サイトにてお確かめ下さい。

Copyright(c) 2016 ボニックがくれた「まさかのストーリー」 All Rights Reserved.